ソフトウェアとハードウェアを論理的に分け、WANを仮想的に一元管理できるため、
昨今加速し続けている経営判断や事業展開に対して、「柔軟性」を持ち、「即時的」対応が可能で、
「拡張性」のあるネットワークインフラが構築可能になります。

参考1:Gartnerによる、SD-WANの定義

  • WANルーターの置換えが簡単
  • アプリケーションレベルでトラフィックコントロールが可能 (複数のWAN間で)
  • ハイブリッドWANなどの構築・運用が簡単
  • NFVなど、追加サービスを簡単・安全に利用可能

参考2:Gartnerによる、SD-WANの長所・短所

長所

  • 運用管理が簡単
  • さまざまなWANを効率的に利用可能
  • トラフィックの可視化とセキュリティ向上
  • 低コスト

短所

  • 技術や製品が未成熟
  • 回線品質自体が改良されるわけではない
  • 利用シーンが限定される
  • 従来のソリューションよりも独自性が高い
  • 複数のWANを利用することで管理が複雑になる

出典:Gartner,Inc.「Technology Overview for SD-WAN」-02 July 2015

SD-WANの基本的な仕組み

一般的に、企業は専用線、ブロードバンド回線、LTE / 3Gなどのモバイル回線を用い、WANを構築しています。
SD-WANでは、前述の物理回線をアンダーレイ回線として用いながら、回線種別に依存せずに、オーバレイによる仮想のWAN構成を実現。

これにより、いわゆる「キャリア縛り」が無くなり、複数キャリアによる回線・モバイルなど多種多様な物理回線から、自由にメイン回線およびバックアップ回線を選択し、企業WANを構成できます。
さらに、国内外問わず、同一の仮想的なオーバレイネットワークを一元管理できるようになるため、WANの運用 / 管理における負荷削減が見込めます。

なぜ今、SD-WANなのか?

ビジネスにもスピード感が求められる時代。ネットワークにおいても、業務拡大やM&Aに付随する迅速な拠点追加や、刻々と変わる状況に対応する柔軟な構成が求められています。

また、ネットワークを取り巻くICT環境も変化しています。Office365に代表されるSaaSやプライベートクラウドの利用拡大により通信量は激増。働き方改革によりビジネスにおけるリモートワーク(モバイル活用)も激増。社内外の境界線によるセキュリティ対策は限界に達し、ネットワークそのものへの役割が変化しつつあります。

こうしたセンター拠点集約型に代表される従来型のWANでは対応の難しい課題に対し、品質・コスト・セキュリティ面の要求を満たしながら「即時性」「柔軟性」「拡張性」を確保すべく生み出された次世代のWANが「SD-WAN」なのです。

従来型WANの限界

  • モバイルやクラウドの増加に伴う、運用 / 管理の複雑化
  • 増加し続けるインターネットトラフィックへの対応
  • 経営のスピードアップやアジャイル化に適応したITシステムの対応
  • セキュリティ対策の重要性が増加
  • グローバルネットワークと国内ネットワークでの運用共通化
  • 品質やコストが適切なアクセスキャリアの選定

上記のような、従来型WANに対する課題を解決するのが、SD-WAN技術を用いたWANサービスと考えられています。

SD-WANを用いたWAN構成タイプ

2017年5月現在、20社以上のベンダーがSD-WAN関連製品を扱っており、その特長に応じて大きく6つに分類できます。

  • SD-WAN専業のベンチャー企業で、自社で開発したSD-WAN製品を提供するタイプ
  • DC-SDN/NFVを主力事業とし、SD-WANへ展開するタイプ
  • WANルーターベンダーがSD-WAN技術を取り込み、提供するタイプ
  • WAN高速化製品ベンダーがSD-WAN技術を取り込み、提供するタイプ
  • セキュリティ製品ベンダーがSD-WAN技術を取り込み、提供するタイプ
  • 無線LAN-AP製品ベンダーがSD-WAN技術を取り込み、提供するタイプ

提供ベンダー

  • 20社以上のベンダーがSD-WAN関連製品を販売
  • SD-WANベンダーは、大きく6つのカテゴリーに分類できる(2017/12時点NTTPC調べ)
カテゴリー 特長 代表的なベンダー
①SD-WAN専業 スタートアップ ・SD-WAN特化製品群
・ONUGなどで連携
Viptela
Velocloud
CLOUD GENIX
②DC-SDN/NFVからのSD-WAN参入 ・SD-WAN垂直統合
・DC-SDNを展開済
Nuagenetworks
VERSA NETWORKS
③既存ルーター製品へのSD-WAN組み込み ・既存製品をベースにSD-WAN化 Cisco
HUAWEI
④WAN高速化製品へのSD-WAN組み込み ・WAN高速化製品をベースにSD-WAN化 Riverbed
Silver peak
Citrix
⑤セキュリティ製品へのSD-WAN組み込み ・セキュリティ製品をベースにSD-WAN化 Barracuda Networks
⑥無線LAN-AP製品へのSD-WAN組み込み ・無線LAN-AP製品をベースにSD-WAN化 Aruba Networks

タイプ別

SD-WANへの乗り換えメリット

ご利用中のネットワークに悩みをお持ちのお客さまへ、
企業規模に応じたSD-WANへの乗り換えメリットと、ステップ別の手順をご紹介します。

Aタイプ

従業員数が 300人以上の 企業

メリットをみる

Bタイプ

従業員数が 50~300人の 企業

メリットをみる

Cタイプ

従業員数が 50人未満の 企業

メリットをみる