SD-WAN入門

INTRODUCTION

トラフィックを可視化し、制御へ。
柔軟かつ適切なネットワーク構築を「SD-WAN」で実現

Case
アプリケーションレベルでの
トラフィック可視化を実現

課題

  • トラフィック増の詳細要因を調査したい
  • 快適なインフラ環境整備のため、アプリケーションレベルで通信を可視化・制御したい

解決

SD-WANならリアルタイムでトラフィック量、CPU/メモリ使用率などの通信状況の把握が可能です。さらにYoutube、Office365などアプリケーションレベルで識別・可視化できるため、「いつ」「どのアプリケーションが」「どの程度の通信量で」利用されているかを詳細に把握し、特定のアプリケーションを迂回させたり優先順位を設定したりするなど適切な対応を取ることができます。また、業務外での私的なアプリケーションの使用など、不適切な通信を発見し必要に応じた対策を講じることも可能です。

アプリケーションレベルでのトラフィック可視化

アプリケーション可視化と制御

拠点の通信内容を、コントロールパネルで可視化することができます。業務として適切な通信を行っているかなど、通信内容を検閲したり、数値集計によりトラフィックの増減や傾向をグラフィカルに把握でき、アクセス回線の増速計画などに役立てられます。
さらに、Microsoft Office365やMicrosoft WindowsUpdateなど、アプリケーションごとのトラフィックも可視化でき、より詳細にネットワークの状況を把握することができます。

アプリケーション可視化と制御 さらに詳しく

Case
特定の通信を迂回させ、
センター拠点の通信負担を減少

課題

  • センター拠点の通信負担を減少させたい
  • OSアップデート時などの回線遅延を解決したい
  • Office365の通信を安定させたい

解決

ソースIPアドレス/ポート番号、ディスティネーションIPアドレス/ポート番号などを指定して、特定の通信を各拠点から直接インターネットに接続させ、迂回させることができます。また、アプリケーションごとの制御も可能なため、Office365やWindows Updateなどを迂回させることで通信品質を向上することができます。
さらにSD-WAN機器などのファイアウォール機能と併用すれば、セキュリティを保ちながらトラフィックを分散し、通信品質を向上し、センター拠点の機器購入コストを抑制することができます。

センター拠点の通信負担を減少

インターネットブレイクアウト

お客さまの指定条件に合致したトラフィックのみ、各拠点のエッジ装置から直接インターネットへ通信させることが可能です。これによりセンター拠点向けトラフィックの過剰な集中を防止できます。
また、本機能はファイアウォール機能を兼ねているため、インターネットへの通信に対して特定の条件を付加することができます。

インターネットブレイクアウト さらに詳しく